独裁と民主政治の社会的起源 - Moore,Barrington.

Barrington 独裁と民主政治の社会的起源 Moore

Add: ipuqok89 - Date: 2020-11-21 22:54:18 - Views: 9101 - Clicks: 3246

中国 - 『中華人民共和国憲法』に「社会主義」、「人民民主主義独裁」(中国語では「人民民主専政」)、「党の領導」を明記。また中国共産党規約でも「人民民主主義独裁」を明記。 2. 共和政ローマ時代の独裁制に注目したドイツ・ワイマール時代の政治学者カール・シュミットは、独裁制と専制政治の違いを「具体的例外性」にみいだしている。シュミットによると、独裁制は、非常時に現行法規を侵犯するが、それは法秩序を回復するという具体的目的に従属し、したがって独裁は、秩序回復ののちには当然に終了する例外的事態である。独裁がこの具体的例外性をうしなえば、専制政治に転化することになる。 さらにシュミットは、独裁を「委任的独裁」と「主権的独裁」に分類した。委任的独裁は、現行の憲法秩序が危機に陥った時、憲法秩序を維持するためにその機能を一時的に停止する独裁をいう。憲法の規定に非常大権が定められていれば、この独裁は形式的にも憲法に違反しておらず、「立憲的独裁」とよばれうる。 これに対して主権的独裁とは、現行憲法ではなく将来実現されるべき憲法秩序、政治イデオロギーにもとづいておこなわれる独裁をいう。この場合の独裁は、主権をもつ人民からその権限を委任されているがゆえに許されるとし、現行法秩序をまったく超越して成立する革命権力がこれに相当する。主権的独裁の歴史的事例としては、フランス革命におけるロベスピエール独裁、ロシア革命や中国革命における共産党独裁があてはまる。. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 / バリントン・ムーア Jr. 著 ; 宮崎隆次 ほか訳: 岩波書店: 1987.

Moore, Barrington, 1913- 宮崎, 隆次(1948. 独裁制はトップの意思の伝達がスムーズであり、有能な独裁者がビジョンに基づき独裁をおこなった場合、国家が大幅に発展することも不可能ではない。こういった体制は20世紀後半の東アジアや東南アジアの資本主義国に多く見られ、開発独裁と称された。 このように独裁政治にもメリットがあるが、前ブータン国王のジグミ・シンゲ・ワンチュクは、「今のままの方が幸せ」と独裁体制の継続を望んだ国民を「今の国王は良き君主でも、もし悪しき君主が現れたらどうするのだ?」と諭し、自ら民主化を進めた。. 下: 巻末p21-35: 著者のヨミ: ミヤザキ, リュウジ モリヤマ, シゲノリ タカハシ, ナオキ: URL:. 現存する国家で、憲法などで公式に「独裁」を明記している主な国は以下がある。 1. 清教徒革命でのオリバー・クロムウェル 5. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 資料種別: 図書 責任表示: バリントン・ムーア Jr. 独裁と民主政治の社会的起源―近代世界形成過程における領主と農民〈下〉 ムーア,バリントン【著】〈Moore,Jr.,Barrington〉 / 宮崎 隆次 / 森山 茂徳 / 高橋 直樹【訳】.

AmazonでMoore, Jr. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民. 農業社会から近代社会への変容の過程を、イギリス・フランス・アメリカ・中国・日本・インドの比較の上で明らかにした本書は、その新しい歴史的一般化の試みによって大きな反響をひきおこした。分冊2では、分冊1の各国別の分析に続き、「近代社会への民主的径路」「上からの革命と. ネパール王国のラナ宰相家- 100年以上に渡り一族で宰相の地位を独占し続けた。 8. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 資料種別: 図書 責任表示: バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次, 森山茂徳, 高橋直樹訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. 7: 独裁と民主政治の社会的起源: バリントン・ムーアJr. 2 形態: 2冊 ; 19cm 注記: その他の訳者: 森山茂徳, 高橋直樹. 7 形態: 2冊 ; 15cm 著者名:.

独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 フォーマット: 図書 責任表示: バリントン・ムーア Jr. 1 図書 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 Moore, Barrington, 1913-, 宮崎, 隆次(1948-), 森山, 茂徳(1949-), 高橋, 直樹(1950-) 岩波書店. 著 ; 宮崎隆次 ほか 訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ:. ナポレオン・ボナパルト - 革命の成果の維持と秩序回復を望む国民に支持され、国民投票をもとに皇帝に即位した(フランス第一帝政、ボナパルティズム) 7.

独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民: バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次, 森山茂徳, 高橋直樹訳: 岩波書店:. 宮崎隆次・森山茂徳・高橋直樹訳『独裁と民主政治の社会的起源――近代世界形成過程における領主と農民(1・2)』岩波書店・岩波現代選書, 1986年) Reflections on the Causes of Human Misery and upon Certain Proposals to Eliminate Them, 独裁と民主政治の社会的起源 - Moore,Barrington. (Allen Lane, 1972). 『独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民』(岩波現代選書 1986. 下: 巻末p21-35: Reading of Title:.

See full list on wpedia. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次, 森山茂徳, 高橋直樹訳 (岩波文庫, 白, 白) 岩波書店,. 独裁と民主政治の社会的起源―近代世界形成過程における領主と農民〈下〉(岩波文庫) 文庫の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 フォーマット: 図書 責任表示: バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次, 森山茂徳, 高橋直樹訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次, 森山茂徳, 高橋直樹訳.

バリントン・ムーア著、宮崎隆次・森山茂徳・高橋直樹訳『独裁と民主政治の社会的起源――近代世界形成過程における領主と農民(1・2)』岩波書店, 1986年) 猪木正道著『独裁の政治思想 三訂版』、創文社、年、isbn. 2: 独裁と民主. 7 岩波文庫 白, 白. 歴史的に、一般的に広く「独裁」と呼ばれている思想、集団、体制には以下がある。民衆または民主主義より発生したものが、相対的に「独裁」と呼ばれている場合が多い。 1. AmazonでMoore, Jr. ロシア革命でのボリシェヴィキ、ソビエト連邦共産党(レーニン主義) 8. 共産党の幹部や官僚が、世襲化を含めて特権階級化し、一般人民を管理弾圧している(共産貴族、ノーメンクラトゥーラ、全体主義) 2. Moore, Barrington, 1913- .

【tsutaya オンラインショッピング】独裁と民主政治の社会的起源(2)/Moore,Barrington. tポイントが使える・貯まるtsutaya. 2 形態: 2冊 ; 19cm 著者名:. , Barrington, ムーア, バリントン, 隆次, 宮崎, 茂徳, 森山, 直樹, 高橋作品ほか、お. 帝政ローマ - 元老院の支配する共和政ローマに代わり、ローマ皇帝が表面的には共和政や元老院を尊重しつつ独裁的な権限を掌握した。 4. 下: 巻末p21-35: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 『独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民』(岩波現代選書年刊)を文庫化したもの 参考文献: 上: 巻末p1-15. アテナイの三十人政権 - 民主政に代わって恐怖政治を行った 2.

岩波書店. , Barrington, ムーア, バリントン, 隆次, 宮崎, 茂徳, 森山, 直樹, 高橋の独裁と民主政治の社会的起源(上): 近代世界形成過程における領主と農民 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。Moore, Jr. , Barrington, ムーア, バリントン, 隆次, 宮崎, 茂徳, 森山, 直樹, 高橋の独裁と民主政治の社会的起源 (下): 近代世界形成過程における領主と農民 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。Moore, Jr. フランス革命でのジャコバン派 - 王党派による反革命と戦う名目で恐怖政治を行った。 6.

北朝鮮 - 『朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法』(年改定)に「社会主義」、「独裁」、「党の領導」を明記。 これらはマルクス・レーニン主義を掲げる社会主義国で、プロレタリア独裁(階級独裁)の概念を根拠に、共産党が国家や社会全体の指導政党として独裁を堅持している。この独裁に対しては、正統派マルクス主義・トロツキズム・社会民主主義・ユーロコミュニズムなど社会主義の内部からも含め、自由主義や民主主義の立場から、複数の批判がある。 1. 独裁的な政治体制の下では体制批判は許されず注 1、個人の自由は著しく制限される。民衆の意思表示は抑圧され、反対派は何らかの形で排除される。また、為政者の権力行使に抑制が効かずに、恣意的な国家運営に堕すこともあり、国家としての方向性を失って行く場合も多い。 中国共産党中央政治局常務委員会には「68歳定年制」という不文律があり、権力の暴走を防いでいる。 このほかの独裁制の欠点として、現代の大国や先進国は中華人民共和国とシンガポールを除きすべて程度の差はあれど民主国家であるため、発展途上国の多い独裁国家は外交上不利な状況となることが挙げられる。特に1990年代以降、冷戦の終結とともに先進諸国が独裁国家への民主化を求める動きが非常に強くなり、発展途上国への政府開発援助は民主化を前提とすることが多くなった。なかでも援助に頼る部分の多かったアフリカ諸国において、先進諸国は独裁国家に対する援助の削減や停止を行い、独裁制国家は民主制国家に対し得られる援助額が非常に少ない状態となった。このことは、1990年代前半においてブラックアフリカで急速な民主化をもたらす原因の一つとなった。. Moore,Barrington. 「独裁政治」という言葉は、戦争や内乱などの非常事態において、法的委任の手続きに基づき独裁官に支配権を与える古代ローマの統治方法に由来する。独裁政治は、一般に、戦時や社会の混乱期に多く出現する。 絶対君主制との違いは世襲を伴わないことなどが挙げられる。専制政治では固定的または身分的な支配層が非支配層を支配するが(社会階級)、独裁では支配者と被支配者の身分は基本的には同一である。ただし、広義の独裁体制(権威主義体制)には君主制なども含まれる。 軍事的な手続きであるクーデターや内戦によって独裁者となる場合が多いが、民主主義的な手続きの結果として独裁者が生まれることもある。ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーは、民主主義、民主憲法であるヴァイマル憲法のもとで独裁化した例である。独裁政治をとる場合において政党は必ずしも不要なものではなく、統治の補助・翼賛機構として支配政党を一つ作り、それ以外の政党を認めない一党制が敷かれることも多い。 独裁体制下においては言論の自由や報道の自由が制限され、マスメディアは政府の統制下に置かれて情報操作や大衆動員の道具とされることが多い。なかでも全体主義体制下においてはそれが顕著で、ナチス・ドイツでの主にラジオを用いた世論の操作はよく知られている。ただし主に海外のマスメディアから容易に情報が手に入れられ言論統制が形骸化している場合は独裁政治には不利な要因となり、1970年代以降東欧や中南米で独裁体制が次々と倒れる原因ともなった。. 独裁政治は、その独裁の主体によって絶対君主制、軍事独裁、文民独裁の3タイプに分かれ、文民独裁はさらに個人独裁と一党独裁とに分けられる。 絶対君主制は君主が独裁権を握るものであり、政権は世襲によって継承される。君主および王族によって支配体制が固められていることが多い。4つの分類の中では最も政権維持の期間が長く、安定した体制となっている。なお、君主の権力が憲法により規制されている立憲君主制は独裁政治とはみなされない。 軍事独裁は軍がそれまでの政府を打倒し直接政治を執るもので、政権は軍のリーダーやエリートが握る。軍が継続して独裁権を握ることはあまり多くなく、上記の4類型のうちで最も持続期間が短い独裁体制であるが、支配体制を固めて長期化する場合も存在する。 一党独裁制はひとつの支配政党が独裁権を握るもので、党内で選出された人物が政権首座につくものである。この場合政権のトップには任期が定められていることも多く、後継者はふたたび党内から選出される。権力継承のシステムが確立されているため、絶対君主制に次いで安定度が高く長期化しやすい。支配政党のほかにいくつかの衛星政党が存在を許される場合もあるが、こうした衛星政党は支配政党に異議を唱えることは許されず、形式的に存続しているだけのもので、実質的には意義を失っている。こうした形式的複数政党制はヘゲモニー政党制と呼ばれ、人民民主主義をとる社会主義国の一部ではこうした体制が存続している。マルクス・レーニン主義を掲げる社会主義国の一部では、プロレタリア独裁を根拠に共産党による一党独裁制を採用している。朝鮮民主主義人民共和国のように世襲が行われる場合もある。もっとも独裁体制は資本主義であってもあり得る(世界のほとんどの独裁国は同時に資本主義である)。 政権奪取時にある個人が他の有力者を粛清して権力を一身に集中させることに成功した場合、個人支配型の独裁体制が成立する。政権内に独裁者を脅かすだけの対抗者が存在しないため政権はかなり安定しているが、独裁者個人が死去した場合は終了する。. com で、独裁と民主政治の社会的起源 (下): 近代世界形成過程における領主と農民 (岩波文庫) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。. 著 ; 宮崎隆次 ほか 訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1986.

独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民 種類: 図書 責任表示: バリントン・ムーア著 ; 宮崎隆次 ほか 訳 出版情報: 東京 : 岩波書店,. バリントン・ムーア著、宮崎隆次・森山茂徳・高橋直樹訳『独裁と民主政治の社会的起源――近代世界形成過程における領主と農民(1・2)』岩波書店, 1986年) 猪木正道著『独裁の政治思想 三訂版』、創文社、年、isbn プラトンの国家論 - 民主政をエゴイズムの集大成で衆愚政治と批判し、透徹した指導者が哲人王となり民衆を善導すべき、とした。 3. 独裁と民主政治の社会的起源 : 近代世界形成過程における領主と農民.

独裁と民主政治の社会的起源 - Moore,Barrington.

email: qofap@gmail.com - phone:(551) 360-1300 x 2329

ヨーチA - QBB - 千代田明子 戦争未亡人の世界

-> 育児考現学 - 巷野悟郎
-> 剣魂歌心の譜 - 上田三三生

独裁と民主政治の社会的起源 - Moore,Barrington. - 絶頂ハンター


Sitemap 1

アウトドア女子の手作りBOOK 別冊ランドネ - フルコース とろける名曲クラシック ピアノレシピ おいしい